NOTE2019.03.21

刈’s free noTe Vol.3

TAGS

みなさんこんにちは。刈です。
唐突ですが、春が四季の中で二番目に嫌いです。(花粉症により)毎日が苦しいです。頑張って苦手な春を乗り切りましょう。乗り切っても一番嫌いな夏が待っているので、僕にとって上半期は地獄なんですよね。今回もよろしくお願いします。

いきなりプロゲーマーと呼ばれる存在へ。

2017年の夏…部長が幹部会で僕のスポンサードについてのお話を上層部の方々に提案してくれて、それから間もなく僕も実際に会議に参加して、幹部の方々とお話しをさせてもらうことになりました。(ほんとに緊張した…)そしてドライバーとしてだけではなく、プロゲーマーとしてもSFIDA様にはお世話になることが決まりました。

社内には僕が元々所属していた配送事業部とは別にアパレル事業部、ホテル事業部、イベント事業部など他にもいくつかの事業部が設立されていました。その中からまずはアパレル事業部内にある『AIM CRANE(エイムクレイン)』という主に洋服などを取り扱うブランドの看板を背負わせてもらえる運びとなりました。

プロゲーマーといえば『○○|ネーム』みたいな表記がよくありますよね。正直僕もこういうのには少し憧れていました(笑)Twitterで名前を『AIM CRANE|刈』に変えて、プロフィールも自分がスポンサードを受けたことを知らせる内容に編集して、いざ報告ツイート!と、まではいけなかった…何故ならツイートまでするのは少し恥ずかしくて抵抗があったから。(この時点でプロとしてどうなの…)

それでもTwitter効果と言いますか、名前とプロフィールを編集しただけですぐにチラホラと話題になっていき、『格ゲーチェッカー』様にも取り上げてもらいました。いつも対戦させてもらっているブライアン使いの『はいしゃ』さんからもラインが来て

はいしゃさん「スポンサード獲得したわりには発表的なのなさすぎちゃう?」

なんてご指摘を受けたりなんかも(笑)

当時自分がプロゲーマーなんて意識は全然無かったし、目標と呼べるものもまだ無かったです。その時僕が感じていたことなんて、『プロゲーマー』と呼ばれる存在になれて、周りから持ち上げられて、なんかよく分からないけど気ん持ぢぃぃぃ!ってなってたことぐらいですかね。しょうもない男です。

名前も売れ始めて、プロと呼ばれる存在にもなれて、よくよく考えてみればやってみたかった東京生活も実現出来ているとかで、これから楽しい日々になりそうだなー!なんて呑気なことを考えていました。その時から僕は何か大事なことを忘れ始めていた気がします。そんな僕にこれから色んな苦難が待ちかまえていることなんて想像できる余地はありませんでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。今回はここまでにします。

次回『家庭用の恐怖。鉄拳について考える。』

です。ぜひ次回も来てくださいね。

あ、それと過去の僕の写真(恐らく21歳くらい?)が家から出てきたので、特に意味はないのですが貼っておきます…眉毛がない!ってのもありますが、人って数年でこんなに顔が変るものなんですね。自分でも「これ俺?笑」ってなりました。完全に悪い人の顔です!(笑)

お疲れ様でした!